内輪の話。

R18BL関連サイトをめぐる友人知人との内輪話などなど。苦手な方・18歳未満は入場不可。

逢引き <後編>

旅行記もどき > エゲレス奇行

ずるずると引きずっております逢引レポート。

ウオの仕事の遅さが際立っております。(大汗)

前回までの流れは・・・そうそう、ウェストミンスター駅で「組み分け帽子(情報提供:ますみさん) を被るミッションを無事クリアしました、というとこまででした。(滝汗)

***

ウェストミンスター駅の出口は国会議事堂の真ん前にありまして
哺乳類霊長目ヒト科(国籍人種老若男女不問)であふれかえっているわけでございます。
す~じ~ちゃんに言わすところの「ロンドンでいっちばん雑多な横断歩道」を通り過ぎ
ウェストミンスター橋のたもとにあるブーディカ(Boudica)像の前を通り過ぎ
ハリポタ映画に出てきた橋の更なる説明を聞く。

あの橋と、この橋と、あそこの橋が出てきた、という説明なんですが
歴史好きのあなたにお伝えしたいのは Boudica!
彼女は一世紀辺りに台頭したケルト族の血を引く女王で
当時ローマ軍の侵攻と圧制にあえぐブリタニアの人々を率い、歴史に残る反乱を起こした
カリスマ感と知性溢れる稀代の女王なのですっ 

語り始めると長くなるので詳しくBoudicaの事を知りたい、というステキなあなたはどうぞ
下記のリンクより旅路に出てくださいませ。

ブーディカ(日本語版Wikipedia)
不思議館~女王にまつわる奇談~ブーディカ


失礼いたしました。 話がそれかけました。(滝汗)


橋の説明後ブーディカの銅像を横に歩いていったその先は・・・ホワイトホールという通り。
道路識別的にはA3212っていうんですが、この道は国会議事堂からトラファルガースクエア(トラファルガー広場?)に通じる官庁街的な存在でありまして、隣接するのは首相官邸へ続く小道やら、Horse Guardsといって女王の護衛兵の駐屯宿舎及び鍛錬場(?)やらいろいろ観光スポットがありまして、そこでまたハリポタとは関係のない解説を聞きながら北上していきました。

このころになると、足は痛いわお腹はすくわ・・・
スミマセンスミマセン。UTさんをこんなに歩き回らせてスミマセンって気持ちでいっぱいのウオ (;´Д`)


でも、まだツアーは続くわよ~ (無情、ああなんて無情。)


この付近で見せていただいたのが、「Half Blood Prince(邦題:ハリーポッターと謎のプリンス)」冒頭部で出てくるスネイプ教授のマグル界でのおウチ、の内装に使われた家。でも、鑑賞できたのは外装のみ。なんやそら~

こちら、その建物の外装。
SDC11874_convert_20131130182955.jpg

<<内装>> (映画クリップ参照♪)


( 再生一分経過後あたりから)


この、「内装に使われた建物」の横は・・・パブ。

漏れいずるパブメシの香りに、空腹感に拍車がかかる。

実はココへたどり着く前に「フェニックス騎士団」でハーマイオニーちゃん、+男組二人(まさかの名前省略)が魔法省へ侵入する際に、その入り口とあのテレフォンボックスを撮影するのに使われた場所、ってのがあってそこも覗いたんですが、これ書くのに写真の操作をしていたアタシの後ろから次男が一言。

「あ、ここマニュア(Manure、要は堆肥)のとこ」

えっと・・・解説を聞くために立ってたとこが例の女王の護衛兵の乗る馬の厩裏、みたいなとこで…
まあ、堆肥風味のカホリが立ち込めてました。

この匂いでは空腹感が少し和らいでたのにな~ (違っ)


さて、いよいよ終盤に差しかかったツア~

絞めはですね、皆さん覚えていらっしゃいますでしょうか。

ハリポタ映画内で、普通の魔女・魔法使いの買い物客でにぎわう『ダイアゴン横丁』と
その横道をそれてつながるちょっといかがわしい魔法やら暗魔法に関わるものを扱う『ノクターン横丁』

この両横丁のモデルとなった場所に連れて行っていただきました。

ノクターン横丁(モデル)は道幅が2mないのではないか?という狭さ。16世紀辺りのイギリスを髣髴する
夜は通りかかりたくないな、とうい雰囲気満載。
それに引き換えダイアゴン横丁(モデル)は、馬車が十分行きかうことができる陽光とそよ風が似合う
古き良き通り。

確かにおなかは空いた。でもウオ感動。
実際にこういうモデルになった場所とか訪れるとその空気に触れて次回作品を観たり読んだりするときに
感慨深くなるな、と感動いたしました。頭の中に構築するイメージに香りが伴った、という感じです。

さて、ダイアゴン横丁(モデル)の本屋さんのモデルの本屋さんの前(え?)で、ツアーの最後といたしまして
数名の有志が横並びに並ぶ・・・

SDC11883_convert_20131130183212.jpg

そして、スージーちゃんがこの有志たちの手に「魔法」を仕込む。

SDC11884_convert_20131130183410.jpg

皆で目をつぶって呪文を唱え、一斉に手を開いて魔法を空に放つと・・・


あら不思議、魔法の杖がっ (*´ω`*)


そうしてようやく、ハリーポッターの撮影で使われた場所を歩いて巡るツアーは幕を閉じたのであります。


***


そう、そしてこの後アタクシたちは昼食へ♥

その時の模様は <終章>としてアップさせていただきます。

追記スペースを利用いたしましての私信記事も、次回、<終章>のほうで語らせていただきます♪



* M *

これ、押していただくと大変励みになります。ありがとうございます。

にほんブログ村 その他日記ブログ 腐女子日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 イラストブログ らくがきへ
にほんブログ村

Comments


Total clap counts:476 /

This entry's clap counts:3

The clap count will be updated , but it may take a little while. 
リンク大丈夫ですか。。。
Re:Nichikaさま
Nichikaさん こんにちわ♪

あれ・・・このコピペはもしかして、拍手コメが英語になってました?

拍手総数:476/ この記事の拍手数:3
拍手ボタン上の拍手数の数字は反映に時間がかかることがあります。

ってことなんですが、設定触ってないのに・・・

最近ですね、FC2の不具合なのか
コメントの表示エラーとかよくあるんですよ。
英語フォーマットのFC2を無理やり日本語で使っているので
勝手にスパム承認とかしてしまうのかもしれません・・・(;´Д`)

先程確認したら拍手コメ、日本語でしたので勝手に直ったのだと思います。
それとっ
拍手コメ、確認していなかったんですがNichikaさん、優さん、
コメを残してくださってましたねっ
大変失礼いたしました。今後ちゃんとコメ拍も確認させていただくよう気をつけていきます(滝汗)







« »

12 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

ウオ

Author:ウオ
愛称:ウオ、おトト、怪魚、などなど

主にR18系BLネット小説に寄生しており
各関係者腐系ブログを生贄・温床に各地を放浪しております。

ラクガキはWindowsのペイント機能使用・マウスでカチカチ言わせながら描いてます。

まさか、とは思いますがココに掲載された落書きあるいは文をは勝手に転載等おこなうことを禁じます。
駄文駄絵ですが著作権主張する厚顔無恥です。
ウオはあくまでも温厚な性格ですが、意味不明なコメントは面白くない限り抹消します。

検索フォーム
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QR code
QR
お客様
PV とかいうの?に要るらしい。