内輪の話。

R18BL関連サイトをめぐる友人知人との内輪話などなど。苦手な方・18歳未満は入場不可。

既に。

いろいろと。

あれ・・・罰ゲームで毎日更新のはずが・・・・二日で脱落しました。

そういうこともある。 ( ;∀;)/ナイワッ 

実は、いまだ夏休みだけあって曜日の感覚が狂ってました。UTさんには「明日も記事書くわね」って言ってたのにその「明日」が土曜日であることを失念しており、結果的に昨日もちょっと忙しかったので間が三日も開いてしまいました。

たるんどる、たるんどるぞっ 

と、反省しながらも、本日もこうして記事新規作成画面を立ち上げたアタクシでございますが先程から大変空腹であります。時間は現地時間午後1時18分。腹が減っては戦どころかトイレに行くにもダッシュ能力に欠けますので失礼してサンドイッチでも作らせていただきます。

(数分経過)

むしゃむしゃ

むううっ 喉が渇きました。紅茶などを入れてきてもよろしいですか?

って

チャットでもないのにいったい誰としゃべってるウオッ (;゚Д゚)

怖いですね、ええ、怖いです。
怖いといえばですね、先日の家族旅行中にこんなことがありました。

ということで、ウオ・あなたの知らない世界風味劇場

そこは一見、何の変哲もないアパートのような間取りでした。
階段を上ってすぐの突当り、111の番号のついたその部屋は寝室一つのいわゆる1LDKという間取りで
うだる暑さを吸い取ってくれるような白い壁、床は全タイル張りの滑らかな質感の清潔感漂うすっきりとした一室でした。
アタシたち4人には広すぎずもせず狭すぎもせず、ちょうどよい大きさでした。

寝室は一つのみのツイン、子供たちは居間のソファーがベッドになる仕様で数夜は何事もなく過ぎていったのです。

そして五日ほど過ぎた夜の事でしょうか。

その晩は主人がビールを普段より飲み過ぎてソファで寝入ってしまったため子供たちに寝室を譲り
いびきをかいていた主人を横目に本を読んでいたアタシなのですが、夜も更けて居間に続くベランダ越しに聞こえる表通りの喧騒も静まってきたので寝ることにしました。時刻にして真夜中は過ぎていたと思います。
戸締りをして鍵を閉め、カーテンをキッチリ引いてソファーベッドの隣にあったランプの灯をけし眠りについたのです。

どれくらい経った頃でしょうか。 夢を見ていたわけでもなく、ふ、と目が覚めたのです。目が覚めたといっても目を薄ぼんやりと開けただけでだらんとそのままの姿勢で横になっているとぽたん、とも ぺたん、ともいうような音が聞こえてくるのです。

最初は何の疑問もなしに耳にしていたのですが、脳の覚醒と申しましょうか、「何の音?」かと思いだしたので大変です。居間の隣の台所の蛇口から水が漏れる音でも、子供が起きてきてタイルの上を裸足で歩いている音でもないのです。 主人が夜中に目が覚めて動いている音でもないのです。寝室に続く開け放たれたドアからは子供の寝息も聞こえます。時々寝返りをうっているような音も聞こえてきますしむにゃむにゃと寝言を言ってるような声も聞こえてくるのです。 主人に至っては間違えようのないいびきが、音量は下がったとはいえいままだ続いているのですっ

冷や水を浴びたような、という感覚を久しぶりに味わいました。

目が覚めたときとおんなじ格好でだらんと寝っ転びながらも研ぎ澄まされる聴覚。 暑いからってなにもかけずに寝っ転がってたのをこれほど悔やんだことはありません。なぜか、動いたら負けとかいう意識が最大限に浮上し微動だにできないのです。

なんてことでしょう、そうこう考えてるうちにもぽたんとかぴたん、という音は音調、テンポを変えながら居間に響き渡るのです。

近寄ってくる、と感じたり、あ、遠のいたと感じたり高まる緊張感。しいて言うなら天上から水が滴るような、という音なのですが、もっと硬い何かを感じさせるような音なのです。目は空いているのですがカーテンの隙間越しに入ってくる外の街灯の明かりに映るものはなにもありません。 音だけが、しつこく鳴り響いているのです。

だらんと寝転びながら緊張を強いられたアタシはいつしか寝てしまいましたが、あの音は一体なんだったのか。

息子達、主人は一切そんな音聞こえなかったというのです。あんなに、鳴り響いてたのに・・・・



ぴたん

一応朝起きてから音をたてるようなものを見て回ったのですがなにもありませんでした。(滝汗)

でも、その後も数日子供達と寝る場所数回交替しましたがそれ以降はあの音が聞こえたのは一回だけですし何かの気のせいかもしれません(と思いたいんです)。

複数夜,聞こえたとしても気のせいなのですっ (;゚Д゚) ええ、絶対!

** M **

PS: J子さん★
南ちゃんでしたwwww 顔がおんなじですから「みゆき」を先に思い出したらみゆき以外思いつかなくって苦労してました(爆) そうです、ブラックキャットです、そうですそうです、黒木さん♥
プラスチック制の銃を、「力を入れると壊してしまいそうだ」とか言う部分にいたく萌えてました。← もう数十年前に読んだのにその辺のところをしっかり覚えてますっ 
アタシもおっさん好きですが、多分コミックで一番に惚れたおっさんは猿飛サスケのお父さんですわ。アタシまだそのころ小学校にもあがってないような歳だったと思うんですが(滝汗)、いまだんなの顔を見ると多分あの猿飛のお父様に影響されてるところが多々あるような・・・体格的にも・・・げほごほっ
あと、コブラとか大好きでしたね・・(遠い目)

おととい、リンダリンダわかるって喜び勇んだんですが、ブルーハーツの話題は過ぎ去りその次の世代であるらしいハイロウズに移ってました。 ええ、どちらの歌もわかりません。 (/_;) →秘書宅こちらの記事の追記部分参考


岩崎良美ちゃんの情熱物語・・・覚えが・・・ないような・・・さびの「そして、はじまるの~」は聞いたことあるかな・・・(でも自信ない)



本日もお越しいただきありがとうございました♪
にほんブログ村 その他日記ブログ 腐女子日記へ
にほんブログ村




Comments







« »

12 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

ウオ

Author:ウオ
愛称:ウオ、おトト、怪魚、などなど

主にR18系BLネット小説に寄生しており
各関係者腐系ブログを生贄・温床に各地を放浪しております。

ラクガキはWindowsのペイント機能使用・マウスでカチカチ言わせながら描いてます。

まさか、とは思いますがココに掲載された落書きあるいは文をは勝手に転載等おこなうことを禁じます。
駄文駄絵ですが著作権主張する厚顔無恥です。
ウオはあくまでも温厚な性格ですが、意味不明なコメントは面白くない限り抹消します。

検索フォーム
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QR code
QR
お客様
PV とかいうの?に要るらしい。